2024-04-18
Breaking News

ペットを飼って看護師のストレスを減らそう

看護師という職業はストレスが溜まりがちです。

そのため、精神的に参らないように、定期的な癒しが必要になってきますよね。仕事を長く続けていく上でも、ストレスを溜め込みすぎないのは大事なことです。

その発散方法はいろいろありますが、ペットを飼ってストレス発散するというのも一つの手です。
かわいいペットと散歩をしたり、遊んだりすることで、運動になり、そこでストレスが発散できます。また、ペットと触れ合うと、多幸感を与えてくれる幸せホルモンの代表格オキシトシンや、イライラや疲労を軽減してくれるセロトニンなどの脳内ホルモンを分泌する働きがあると科学的にも証明されています。

看護師がペットを飼う上で注意すべき点は、不定期で家を空けることです。
夜勤などが重なっていつもの時間に家に帰れない、そんなことがあると、ペットの方も寂しがって心身を疲弊してしまいます。それがひどくなると、夜鳴きや無駄吠えなどが多くなり、近所の人に迷惑をかけてしまうこともあります。

そうならないためにも日頃からたくさん遊んであげて、吠えたり鳴いたりするクセをしつけで直していくことが大切です。また、他の家族にペットの世話を頼んで出勤するのも手です。

ペットも家族なので、大切に扱ってあげると、そこで愛情が育ち、何ものにも代えがたい癒しの存在になってくれます。ヘトヘトに疲れて帰ってきてもかわいらしいペットがいれば、それだけで次の日も頑張れそうですよね。

もちろんかわいらしいだけではなくお世話も必要ですが、ペットを飼うことで仕事のストレス軽減を期待したいです。